白鷺賞2020予想┃姫路競馬2000m戦はデータが無いので枠順と騎手と馬柱を重視

姫路競馬
日程 2020年1月30日(木)
開催場所 姫路競馬場10R
発送時間 15:50
距離 2000m ダート(左)
コースレコード 2:11.1 レッドストーン(2006年3月1日)
負担重量 4歳以上定量
賞金 1着 800万
2着 240万
3着 120万
4着 80万
5着 64万

白鷺賞2020出走登録馬12頭

枠順馬番 馬名 性齢 負担重量 騎手
1枠1番 タンクティーエー 牡4 56.0㎏ 藤田弘(金沢)
2枠2番 スターリングブルス 牝5 54.0㎏ 川原正(兵庫)
3枠3番 エイシンニシパ 牡7 56.0㎏ 吉村智(兵庫)
4枠4番 タガノゴールド 牡9 56.0㎏ 下原理(兵庫)
5枠5番 グルームアイランド 牡9 56.0㎏ 青柳正(金沢)
5枠6番 メイショウオオゼキ 牡10 56.0㎏ 笹田知(兵庫)
6枠7番 コスモヴァーズ 牡6 56.0㎏ 松木大(兵庫)
6枠8番 エイシンミノアカ 牝7 54.0㎏ 鴨宮祥(兵庫)
7枠9番 カリテスグレース 牝8 54.0㎏ 大山真(兵庫)
7枠10番 モズオラクル 牡5 56.0㎏ 池田敏(笠松)
8枠11番 マコトタリスマン 牡6 56.0㎏ 田中学(兵庫)
8枠12番 トレジャーマップ 牡9 56.0㎏ 村上弘(愛知)

約7年半ぶりの再開ということで、過去データはありません。ということで、予想だけ書こうと思いましたが、姫路競馬場で開催されるレースが初めての方もいるとおもいますので、開催初日1月15日から28日までのデータを紹介していきたいと思います。

姫路競馬の2000m戦は、重賞戦以外ほとんどレースがなく、開催初日から28日まで1度もレースがありません。バックストレッチ側の2コーナーからスタートして、最初のコーナーまでは320mと比較的距離があり、隊列は整いそうです。コーナーは6回で1週半します。直線は230mと短く、4コーナーあたりからスタミナ勝負になりそうな舞台。

データは、枠順と騎手と脚質ぐらいでいいかないと思ってます。血統データは正直、いらないと思ってます。

姫路競馬2020年1月15日~1月28日データ

枠順別成績

枠順 戦績 3着内率
1枠 7-9-6-65 24.1%
2枠 5-11-11-60 31.0%
3枠 6-4-9-68 20.7%
4枠 5-6-4-72 16.1%
5枠 12-4-11-82 24.8%
6枠 12-9-10-81 27.7%
7枠 19-19-19-106 35.0%
8枠 21-25-17-101 38.4%

1月15日に姫路競馬場に行った時のイメージとして、ピンク帽の馬券が良く来ると思っていたが、全レースで見た場合も、外枠が良績を残しているようだ。7枠、8枠に気になる馬がいれば、抑えておいて損はないだろう。

脚質

戦法 戦績 3着内率
逃げ 15-20-14-61 44.4%
先行 48-33-23-151 40.8%
差し 18-25-38-252 23.2%
追込み 6-9-12-164 13.6%

今回逃げそうな馬は

  • スターリングブルス
  • エイシンニシバ
  • マコトタリンスマン

騎手別成績

騎手 戦績 3着内率
藤田弘治 0-0-0-0 ーーー
川原正一 3-5-3-29 27.5%
吉村智洋 17-14-8-13 73.1%
下原理 15-9-6-26 53.6%
青柳正義 0-0-0-0 ーーー
笹田知宏 4-4-3-20 35.5%
松木大地 6-1-4-39 22.0%
鴨宮祥行 9-5-0ー37 27.5%
大山真吾 5-5-2-34 26.1%
池田敏樹 0-0-0-0 ーーー
田中学 0-2-1ー8 27.3%
村上弘樹 0-0-0-0 ーーー

園田のエース吉村智洋騎手の戦績が光ってます。驚異の3着内率73.1%人気上位の馬はもちろんですが、やや力の足りない馬でも馬券圏内にもってきており、複勝回収率は100%超えてます。続いて、下原理騎手も実力通りの数字を示しています。初日に鴨宮騎手が乗れているイメージがありましたが、姫路リーディング3位の成績で、特筆できるデータとして単勝回収率145.3%と穴馬でも平気でもってきてます。

白鷺賞2020予想印

◎ C.人気ブログランキングで発表

ライバル関係であるエイシンニシバとは2019年直接対決の戦績は、園田金盃1着(エイシンニシパ2着)、エイシンニシパが1着となった兵庫大賞典では3着と1戦1勝だが、2000m戦ならこちらに分があると判断した。姫路競馬は直線が短く4角手前からロングスパートが必要なタフなレースになることが多い。レース展開も中団から運べてエイシンニシバを見ながらレースができる点は有利に働くだろう。

〇3枠03番 エイシンニシバ

前走58kgで出走した新春賞の内容はとても素晴らしく、2㎏軽いマイタイザンが絶好のスタートからすいすい逃げて勝負ありと思ったが、パワーとスピードの違いで、3馬身差の圧勝は見事だった。そして新春賞の相手にメイショウオオゼキ、マコトタリンスマンなどいたが、寄せ付けなかった。今回、56kgでの出走なので、相手は◎1頭と見てよい。

 

▲5枠06番 メイショウオオゼキ

重賞未勝利だが、2019年は重賞レース4戦で2着3回、3着1回と全て馬券に絡んでいる。特に2000m以上のレースで安定した成績を残しており、距離延長に期待したい。近走不調だったが、復活傾向にあり、明け10歳馬で嫌われるなら積極的に買っていきたい。展開次第では、エイシンニシバより前にきてもおかしくない。

△8枠11番 マコトタリスマン

こちらも重賞未勝利だが、園田1870m戦では常に良いレースをしており、スタミナ勝負ならもってこいだ。距離延長もプラスに働き、生粋の逃げ馬マイタイザンが出走してないレースなので8枠から逃げる展開も期待できる。

×5枠05番 グルームアイランド

金沢所属でかつては、オグリキャップ記念も勝利しており、長距離ダート戦にめっぽう強かったが、年齢の影響か少しずつ力が落ちているように感じるものの、北国王冠賞では兵庫ダービー馬バンローズキングスに先着しており、展開さえはまれば園田馬相手に馬券圏内にきてもおかしくない。人気もそこまでないと思うので抑える。

×6枠8番 エイシンミノアカ
フランケルJr.さん推奨枠ということで、印に加えた。牝馬ながら差脚鋭く、牡馬混合重賞戦でも3着の実績がある。2強対決で、厳しい展開になれば、最後の直線伸びてくる可能性もある。イケメン鴨宮騎手の魂の騎乗がみたい。

★2枠2番 スターリングブルス
ベテラン川原騎手騎乗ということで、穴馬として指名。今開催(1/15~1/29)5回ほど1800m戦があったが、川原騎手の戦績は【1-0-2-1】3着以内率75%と非常に素晴らしい戦績で、特に穴馬で馬券圏内にもってきている。ここは押さえて損はないだろう。(単勝回収率585% 複勝回収率397%)

消8枠12番 トレジャーマップ

兄ゴールドシップ、中央では芝長距離のオープン、8枠と穴人気しそうですが、ここは、転厩初戦、初ダートでいきなり重賞戦は荷がおもいでしょう。100倍以上つくなら勝ってもいいですが、穴人気すると思います。

白鷺賞2020買い目

単勝・・・1点

◎ C.人気ブログランキングで発表

3連系・・・回収率300%想定

◎を軸に印の相手に流す予定ですが、ヒモ荒れも期待しつつ手広くいきたいです。

3連系馬券を人気ブログランキングで発表します!

白鷺賞2020予想動画
白鷺賞予想|エイシンニシパvsタガノゴールドの2強対決!割って入るのはどの馬か?【2020年1月30日】
今日の名言

モズは本命で買うのではなく穴馬として買う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました